週刊街道をゆく 41号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく 41号

定価:586円(税込)
表紙:堂浦付近の小鳴門海峡
発売日:2005年10月25日
  41号 

品切れ・再販未定

阿波紀行 明石海峡と淡路みち

徳島県 兵庫県

核心抄録

「技術があって、モノができてゆけば、たれに頭をさげる必要もない」

「街道」を読み解く(41)藍一つで、日本の歴史が語れる/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

阿波紀行 抄録1

「堂浦の一本釣りの技術は、遠く五島列島から対馬までつたわったという」

その歴史 阿波藍と水運で栄えた城下町・徳島/根津寿夫

その民俗 テグスと手釣り漁法が拓いた瀬戸内海の漁村/森本 孝

阿波紀行 抄録2

「日本女性の振りのなかでもっとも色っぽいのではないか」

その文化 遊芸へと変化し続けた阿波踊り/三好昭一郎

その歴史 「ジャパン・ブルー」を守る/佐藤昭人

明石海峡と淡路みち 抄録

「百姓どもがつくる国家など何するものぞという気概をもっていた」

その風土 古代の風吹く神宿る島、淡路島/谷川健一

リレー紀行(41)
夢枕 獏がゆく「吉野川」

ぽつりぽつりとチヌを釣りながら


[エッセイ]

司馬さんの風景(41)明石海峡往来に胸躍らせる 山野博史


「街道」の植物(14) シキミ 木原 浩


[連載]

黒鉄ヒロシの「街道」名場面(41) 高群逸枝の巡礼ロマンス


「街道」小事典


「街道」アルバム 根っからの取材者


旅情報 街道を旅するために


司馬さんの参考文献(41) 『祖谷山日記』内田忠賢


「街道」が書かれた時代