週刊藤沢周平の世界 6号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊藤沢周平の世界 6号

定価:586円(税込)
表紙:蓬田やすひろ/画
発売日:2006年12月14日
  6号 

品切れ・再販未定

彫師伊之助捕り物覚え シリーズ

江戸の闇に挑む元岡っ引

抄録1 『消えた女』

伊之助は中に記されている文字を読んだ。
おとっつぁん たすけて
と書いてあった、書かれている字はそれだけだった

◆あらすじ
◆人物相関図
◆ストーリー・マップ

抄録2 『消えた女』

二十人あまりの男たちが、
百目蝋燭の光の下に集まっていた。

抄録3 『消えた女』

「遅くなっちまって」
入口でわびた伊之助を、ひょいと顔をあげて彫藤がみた。
とたんに彫藤は怒り狂った眼になった。

宇江佐真理が読む「彫師伊之助捕物覚え」シリーズ

大人の恋

◆歴史を知る

多色摺り浮世絵の制作システム

小林 忠

抄録4 『消えた女』

おまさは銚子を三本運んできて、一本はおごりだよ、と言った。酒はやや熱めの伊之助がいつも喜ぶカンがついていた。

抄録5 『消えた女』

骨の砕ける音がひびき、男は絶叫して匕首を落とした。
「甘くみるなよ、高麗屋」
伊之助は、男を抱えこみながら言った。

抄録6 『消えた女』

伊之助は眼を光で搏たれたような気がした。
一枚の絵が、いきなり眼に突きささって来たのである。

◆歴史を知る

江戸町方の治安組織と岡っ引

重松一義


◆絵で見る

江戸の自身番と木戸

イラスト・文 中西立太


◆藤沢周平かわら版(6)

「彫師伊之助」を歩く


◆作品の舞台を訪ねる『消えた女 彫師伊之助捕物覚え』

◆文庫紹介

[連載]

藤沢文学を読み解く(6)

「江戸」のハードボイルド

松本健一


江戸の暮らし基礎講座(6)

胴上げと手打ち

竹内 誠


海坂の食卓(6)

寒鱈汁

石塚 亮


藤沢周平 この一冊(6)

『漆の実のみのる国』

身にしみる鷹山の苦しみ

中田 宏


「熈代勝覧」を歩く(6)

大通りの木戸・入歯屋の松井・机持参の寺子屋入門

小澤 弘