週刊藤沢周平の世界 7号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊藤沢周平の世界 7号

定価:586円(税込)
表紙:蓬田やすひろ/画
発売日:2006年12月21日
  7号 

品切れ・再販未定

海鳴り

許されざる恋の果てに

抄録1 『海鳴り』

「おや、丸子屋さんじゃありませんか」
新兵衛は足をとめた。女は丸子屋のおかみおこうだった。

◆あらすじ
◆人物相関図
◆ストーリー・マップ

抄録2 『海鳴り』

眠りに落ちる寸前に、新兵衛はまぼろしのように丸子屋のおかみの白い胸を見たように思った。

抄録3 『海鳴り』

そのとき新兵衛は、見えるところにくだけては散る磯波とはべつの音を耳にした。音は沖から聞こえて来た。

抄録4 『海鳴り』

新兵衛は手をのばした。
いま、ひとの道を踏みはずすところだと思った。

岸本葉子が読む『海鳴り』

中年クライシスと恋の本質

◆歴史を知る

花のお江戸は不倫天国だったか

氏家幹人


◆絵で見る

紙問屋の大店

監修 林 玲子/イラスト監修 波多野 純/イラスト 青山邦彦

抄録5 『海鳴り』

「まあ、きれいですこと」
おこうは新兵衛の横に坐ると、窓の外を見てつぶやいた。

抄録6 『海鳴り』

新兵衛の中身は、もう小野屋の主人でも、紙商人でもなかった。ひとの親ですらない一個の犯罪者、ひとでなしに変質している。

抄録7 『海鳴り』

おこうは沈黙した。が、すぐに顔を上げた。
「それじゃ、あたしも一緒に行きます」

◆歴史を知る

江戸時代の和紙とその流通

久米康生


◆藤沢周平かわら版(7)

藤沢周平の散歩道 大泉学園編


◆作品の舞台を訪ねる『海鳴り』

◆文庫紹介

◆藤沢周平の面影 ヘビー・スモーカー

[連載]

藤沢文学を読み解く(7)

一歩の距離の遠さ

松本健一


江戸の暮らし基礎講座(7)

江戸の桜と八代将軍

竹内 誠


海坂の食卓(7)

玉こんにゃく

石塚 亮


藤沢周平 この一冊(7)

「雪明かり」

若い人に読んでもらいたい物語

佐藤江梨子


「熈代勝覧」を歩く(7)

はじめて目抜き通りに進出の寿司屋・玉ずし

小澤 弘